婚活に多い年齢層は?

婚活と聞くと売れ残りのようなイメージを持つ人がいらっしゃいますが、特にそういった事はありません。
婚活をしている男女で一番多い年齢層は一体どの年齢になっているのでしょうか。

基本的に20代は男女共に全体の10%程度となっており、そこまで出会いを求めている人が少ないように思えますね。
20代であれば、自分達で紹介やコンパなど飲み会を設定している回数が多くなっています。
続いて30代前半では、男女共に20%程度となっています。
30代になると周囲が結婚していく中で焦りも出てくるのでしょうか。
20代よりは婚活をしている人は多くなっている傾向にあります。
30代後半についても同じ20%程度となっており、30代全体では、男女共に40%程度と全体の約半数になっていることになります。
この数字を見るだけでは、やはり結婚を意識するのは日本人にとって30代に入ってからその意識が強い傾向にあることが分かります。
40代全体では、30%となっており30代に続いて高い数字となっています。
40代のなかには、初婚でない方も婚活をしているケースも多く見られます。

基本的に婚活を行っている男女は単純に出会いを求めているだけでなく、将来のパートナーも真剣に探している方々も存在していることが多くなっています。
婚活業者も年々増加傾向にあり、その実態としては、会員数が多いほど信頼度も高くなっている印象が伺えます。
複数の婚活業者に登録出来るということもありますので、イベントなどには積極的に参加してみるのもいいかもしれませんね。



○管理人推奨サイト
出会いを求めている人たちが集まる東京近郊の婚活パーティーの予約ができます →→→ 婚活パーティー 東京近郊

Copyright © 2014 婚活をする平均的な年齢について All Rights Reserved.